まぁぼのエレスト研究所 別館攻略wiki室

エレストの攻略、最強ランキングを高ランクプレイヤーが行っております。 そこらのサイトとは信頼度が違います! 試練の攻略やキャラの評価、情報まとめなどもあります!

タグ:リヴァイ

【エレスト】究極リヴァイの評価

入手方法

進撃の巨人コラボ召喚限定キャラ!

進撃の巨人コラボ第2弾のガチャでゲットできます。

ステータス

FullSizeRender





アビリティ

FullSizeRender







スキル倍率

超硬質ブレード逆手・回転斬り連続逆手・回転斬り
2.754.8Ave0.75✕9+1.5前後✕1+次回から3倍永続ブースト
その他のキャラのスキル倍率は
スキル倍率一覧

用途別おすすめ度
 クエスト…6.5点/10点
 アリーナ…4点/10点
究極リヴァイの強いところ

確定10連撃!

スキル3は組みやすい形状で10連撃が確定します。
1発ずつの威力は弱いものの確実に10発殴ってくれるので敵のガードを剥がすときなどにはとても優秀なスキルです。

9発の弱攻撃とラストのちょっとだけ強めの攻撃でのフィニッシュの合計10発。
だいたい敵の防御力を0としたらだいたい8.25倍程度の単体スキルです。
合計倍率としては普通かそれ以下です。

連撃系なので余剰ピースによる倍率はとても抑えられており、1つに付き0.05倍加算程度でしたので、実質0.5。
通常が0.33なので通常のスキルよりはマシです。

ただ、敵の防御力の影響を最大限受けてしまうスキルなので高防御の敵とは相性が悪いです。
アリーナなどではダメージプロテクションなんかでほぼ無力化されてしてしまうので注意。

永続3倍ブースト持ち!

スキル3を使用するだけで次回から攻撃力が3倍に跳ね上がります!
これによって、ブーストキャラなしでもリヴァイはスキル3で24倍相当のダメージを出せるようになります。

また、通常のブーストとはおそらく加算関係にあり、無駄にはなりません。
ブーストも重ねつつ攻撃すればそれなりに高い火力を発揮することができるでしょう。


究極リヴァイの弱いところ

連撃の時代が終わっている

連撃スキルはマイナスばかりが目立ちます。
そもそもが敵の防御力の影響を受けるので活躍しづらいです。
また、エレストでは増幅が強力です。
増幅の効果を受けるには1撃で高いダメージを出せるスキルである必要があります。
連撃系は増幅が使えないという欠点があります。

アリーナにおいても連撃スキルはプロテクションなどで大きく効果を阻害されており、連撃が輝くのは敵のガードを剥がすときとエルルーンなどの大ダメージカット系をくぐり抜けるときくらいだけです。
連撃はデメリットをしっかり負っているのだから余剰倍率は普通で良いと思うんですけどね。。。




激闘!リヴァイ最後の試練 攻略

楽勝

リヴァイすら出てきませんので何でもクリア可能です。

敵が光属性なので闇で行くと楽でしょう。





究極リヴァイの使用感、強いところ、弱いところを募集しています。
使ったことある方のコメントお待ちしております!

【エレスト】リヴァイ(お掃除ver)の評価

入手方法

進撃の巨人コラボの配布キャラ!

進撃の巨人コラボ第2弾でのログインボーナスでゲットできます。
育成には専用シードが必要でコラボ中に育てる必要があります。

ステータス

ステータス

FullSizeRender




アビリティ

FullSizeRender






スキル倍率

はたき・回転斬り全然なってないすべてやり直せ
2.252.25
2.25
その他のキャラのスキル倍率は
スキル倍率一覧

用途別おすすめ度
 クエスト…3.5点/10点
 アリーナ…3点/10点
リヴァイ(お掃除ver)の強いところ

高確率でスキルが2回発動!

リヴァイ(お掃除ver)のスキルはすべて6ピースで全体攻撃。
威力は全て同じ。
スキルが高確率で2回発動します。

威力はかなり低いのですが、2回発動するのでそこそこのスキルになります。
また、スキルには変換効果があり、2回発動することで2ピースを変換することが可能です。
変換元が火ピースではないので変換の邪魔をしないところが優秀です。

全状態異常耐性20%

全状態異常耐性をもっていますが、20%なのであまり頼りにはなりません。
アビリティカードなどと一緒につかってやるといいかもしれません。


リヴァイ(お掃除ver)の弱いところ

火力がない

大した火力ではなく、2回発動しても全然弱いです。
変換能力と合わせて使うことがメインのスキルと言えそうです。



リヴァイ(お掃除ver)の使用感、強いところ、弱いところを募集しています。
使ったことある方のコメントお待ちしております!

↑このページのトップヘ