【エレスト】水竜導士ナイアドの評価

入手方法

2019年の4周年「竜導士召喚」で登場!

2019年6月初頭の「竜導士召喚」新★6として、他の竜導士シリーズと同時に初登場しました。
2019-06-04-18-57-21

10連を3回で交換チケットが貰えるので900クリスタルで1体ゲットが可能です。
開催は不定期。


ステータス

2019-06-04-18-59-57





アビリティ

2019-06-04-18-59-59




スキル倍率

ドラグイグナイテッドメガドラグイグナイテッドギガドラグナイテッド
0.3回復、1.75倍ブースト0.6回復、2.25倍ブースト0.9回復、3.75倍ブースト


その他のキャラのスキル倍率は

スキル倍率一覧

用途別おすすめ度
 クエスト…9点/10点
 アリーナ…5点/10点
 グラバト…8.5点/10点

総合ランク・・・S
クエストタイプ
水竜導士ナイアドの強いところ

高い倍率のブースト!同時に最大HPを超えて回復も

スキルすべて
アビリティ「オーバーヒールハーフ【水】」

最大で3.75倍と比較的高めの倍率を持つブーストを行える上に、同時に回復も行えます。

3.75倍はエレスト内でもトップクラスに高い倍率で、アタッカーの攻撃力を大幅に上昇させてくれる、無くてはならない存在です。
ブーストの強さがなくてはアタッカーは火力を思うように出すことができません。

火属性には現在強力なブースターが居ないためとくに活躍の場所が多いでしょう。

同時に行える回復はアビリティの力によって最大HPを超えて回復することができます。
最大で最大HPの1.5倍まで回復することができ、パーティーの耐久力を大きく上げることができます。

極・ウォータートランスもち!

アビリティ「極・ウォータートランス」

毎ターン終了後にピースを3つ変換する極トランスを持っています。
とても強力なアビリティなのですが、変換元のピースを使用するため、変換の邪魔をしてしまいます。
ですが、変換のように5つ以上のピースを変換できるわけではないので、竜導士を使うときには他にもトランスもちを入れたり、武器で補ったり、コールをいれたり、変換を外してピースを確保できるように工夫したPTを組むと良さそうです。

ナイアドの場合は究極アクアやタオフェン、サンダルフォン、マイトレア、などと組ませると変換が不要になるレベルで水ピースを確保できます。
水竜導士ナイアドの弱いところ

賢者エルという目の上のたんこぶ
アメノミナカヌシというライバル

現在のエレストで最強の名を恣にしているカミムスビ。
さらにカミムスビに次いで高いブーストを使える賢者エルが大人気なように、ブースト能力はエレストにおいて最も重要な要素になっています。
その2つのモンスターに比べると、竜導士のブーストは大きく機能が落ちます。

また、代用が効くパターンも多々有り、木ならばラケシス、水ならばアメノミナカヌシというブーストと回復を同時に行えるモンスターが存在します。

ナイアドは上位ブースターに賢者エルがいます。
ブースト倍率は圧倒的に賢者エルの方が優秀です。
しかし、ナイアドは同時に回復役もこなせるので長期戦などではナイアドのほうが良いこともあるでしょう。

さらに同じブースト&回復が行えるアメノミナカヌシというライバルも居ます。
アメノミナカヌシよりはブースト倍率が高いのでブースト面では勝てるもののわずかな差であり、アメノミナカヌシはピース変換や初期不要ピースを削る特殊なアビリティなどがあっていい勝負となっています。
極トランスが強力なのでどちらかといえばナイアドの方が優秀と思いますが、アメノミナカヌシがいる場合はナイアドを無理に手に入れる必要はないかもしれません。



水竜導士ナイアドの使用感、強いところ、弱いところを募集しています。
使ったことある方のコメントお待ちしております!