【エレスト】究極サンダルフォンの評価と最後の試練攻略

◯ステータス
FullSizeRender

※究極させるためにはイベントで入手できる「天使の円環」が必要です。



アビリティ
FullSizeRender





スキル倍率

大罪の刻印永遠の大牢獄天国の歌
2.753.253.25+刻印を刻んだ相手に99999固定ダメージ
    ✕刻印の刻んだ数(上限3)
その他のキャラのスキル倍率は
スキル倍率一覧

用途別おすすめ度
 クエスト…7.5点/10点
 アリーナ…3点/10点 
究極サンダルフォンの強いところ

99999固定ダメージ!

約10万の固定ダメージをうつことができる。
高防御の敵への貫通や、盤面上強力なスキルを撃ちづらいステージなどでは5ピース+6ピースの2ターンで10万ダメージ固定となるのでとても便利。

オベロンの登場で活躍の機会は減ったものの、回数の制限もなく、スキル形状も優しいため、前半の攻略では大いに役立ってくれます。
スキル2で全体に刻印できるようになったのも大きな強化でした。

リセマラなどでゲットするととても役に立ってくれるでしょう!

最大299997ダメージ!

スキル1やスキル2は3回まで刻印を重ねることができます。
スキル3は刻印を重ねた数✕99999ダメージになるので最大約30万ダメージを一発で与えることが可能です。
ただし、3回の刻印+スキル3発動で全4ターン必要です。
ダメージ効率はとても悪いです。

真・ウォータートランスと同等以上の能力もちに!

究極アビリティによって毎ターン木ピースを2つ水ピースに変換できます。
トランス系は基本変換と同じ属性なので火ピースを変換するのですが、この能力は木ピースを変換できるので、変換やトランスなどの邪魔をせずに変換できるのでとても優秀です。
おそらくこの能力がサンダルフォンの中で一番強い。

やっぱり男の子です。

気をつけましょう。
究極サンダルフォンの弱いところ
4ターンで30万ダメージでは当然の火力不足。

そもそも、2ターンで10万だったのでもともとから4ターンで20万ダメージ与えられていた。
10万ダメージ増えたものの、大きく変わったとは言い難い。
ただし、まとめて30万ダメージを与えられるので、デンジャーゾーンを抜けたりはしやすくなりました。

結局オベロンのほうが強い。

オベロンは最初から15万の固定ダメージを出せる上に、マルチならば最初から45万ダメージも狙えます。
4ターンもかかって30万しか与えられないサンダルフォンは盤面が優遇されない限りオベロンには勝てません。
究極サンダルフォンは継続してダメージを出せるというメリットはあるものの、4ターンで30万。
1ターンあたり7.5万。
その程度ならば他のキャラで十分出せるダメージになってしまいます。


◯最後の試練の攻略

現在攻略中です。






究極サンダルフォンの使用感、強いところ、弱いところを募集しています。
使ったことある方のコメントお待ちしております!